So-net無料ブログ作成
子宮内膜症 ブログトップ

子宮内膜症とは [子宮内膜症]

子宮内膜症とは、子宮の内腔にできる内膜が子宮内以外の場所にできる病気です。
子宮内膜症のできやすい場所は、子宮体外、卵管、卵巣、ダグラス窩、大腸、直腸、膀胱、外陰部などです。
子宮内腔以外で増殖した内膜組織も毎月剥れますが、出口がないためにそのまま溜まってチョコレートのようになったり、周りの臓器と癒着し様々な症状が出てきます。
未だ子宮内膜症の原因はわかっていません。

マッサージ 城東区

子宮内膜症でよく見られる症状は、生理痛で徐々に痛みが増してきます。
その他腰痛や吐き気、下痢などの症状も出ることがあります。
さらに病状が進行すると生理以外でも下腹部や腰に痛みがあったり、セックス時にも痛むことがあります。

マッサージ 足立区

不妊症の原因になることもあり、2~4割は子宮内膜症が原因と考えられています。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
子宮内膜症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。