So-net無料ブログ作成
検索選択
心筋梗塞 ブログトップ

心筋梗塞 [心筋梗塞]

心筋梗塞とは、
心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠動脈が、
動脈硬化などによって血管が細くなってしまい、
血栓(血の塊)が血管をふさいでしまうことによって、
心臓に血液が送られなくなる病気のことをいいます。

そのまま心臓に血液が供給されなければ、
やがて心臓が壊死してしまうのです。

この前段階の、
心筋への血液供給不足の状態のことを
狭心症といわれていて、胸の辺りが
重苦しく感じるようです。

ただし、いつも狭心症から発展して
起こるというわけではないのです。

狭心症の症状はなくても、
突発的に心筋梗塞の発作が起こることも
少なくない状況のようです。

◆マッサージ関連サイト情報◆
出張マッサージは渋谷がオススメです
マッサージで疲れをとりましょう

nice!(0) 
共通テーマ:健康

心筋梗塞とは その3 [心筋梗塞]

高血圧や糖尿病になってしまうと、血管壁が傷ついてしまうため、動脈硬化が引き起こされやすくなるのです。

マッサージは渋谷区で!

生活習慣や食習慣をまずは見直してみましょう。
肥満を予防し、規則正しい生活を送ることがとても大切なことです

規則正しい食習慣をすると、肥満予防にもなりますが、食事を抜いてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまったり、身体がエネルギーを活動に必要な分だけ蓄積しようとしてしまうので、太りやすい身体になってしまうのです。

PR:マッサージ 静岡

塩分を過剰に摂取してしまうと、高血圧を招く結果となり、コレステロールが多い卵や肉などの食生活は動脈硬化を招くことになります。
塩分の摂取量を控えるとともに、コレステロールの吸収を妨げ、蓄積を防いでくれる海藻類や野菜などの繊維質が多い食品を食べるようにしましょう。
また、適度な運動にも、血圧が低下する、高脂血症や動脈硬化を予防する、ストレスを解消させるといった効果があります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

心筋梗塞とは その2 [心筋梗塞]

心筋梗塞の主な原因となっているものは動脈硬化となります。
動脈硬化とは、年齢が高くなることで起こりやすくなっていますが、運動不足や偏っている食生活などが続いてしまうと、血管内にアテロームという物質が沈着しやすくなってしまい、血管の内腔を狭まり、動脈硬化を促進する結果になります。
さらに動脈硬化が進行すると、アテロームを覆っている膜が破れてしまい、血液の成分がそこで固まって血栓ができてしまいます。
この血栓が大きくなって、心臓の血管を塞いでしまうと、心筋梗塞が起こるのです。

動脈硬化を進行させてしまう原因には、高血圧、高脂血症、糖尿病などの病気がありますが、運動不足や肥満、腎不全も原因となるといわれています。

また、喫煙やストレスなども、血圧を上昇させ、脈拍数を増加して、心臓に大きな負担をかけてしまいます。
精神的なストレスのみならず、過食や過飲、低気圧などの環境が変化によって感じるストレスも心筋梗塞の要因になる場合もあるとされています。

女性より男性の方がリスクは高いとされていて、加齢によってリスクとともに高くなるようです。
生まれながらにコレステロール値が高い人や、動脈硬化が進みやすい遺伝子をもっている人もいるといわれています。

タグ:心筋梗塞
nice!(0) 
共通テーマ:健康

心筋梗塞とは その1 [心筋梗塞]

心筋梗塞は心臓に重大な障害が生じるため、最悪の場合は命に関わる恐れがあります。
日本人の死亡原因として、癌に次いで2番目に高い心筋梗塞ですが、症状を見極めて早期の治療を行うことで、重大な危機を避けることができます。

新宿 出張マッサージといえば!

心筋梗塞の症状のなかで、最もわかりやすく、且つ最もつらいのが痛みです。
多くの人が、「これまでに経験したことの無い痛み」と表現するほどです。
痛みなどの症状は心臓のある箇所だけでなく、その周り広範囲に渡って現れることが多いです。

みぞおちの辺りから胸の中心、左胸の体全面に痛みが現れることが多く、
背中や喉、下顎、腹部、左肩や左上腕内側なども痛みを感じることがあり、「拡散痛」と呼ばれています。

話題の出張マッサージ 文京区
nice!(0) 
共通テーマ:健康
心筋梗塞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。