So-net無料ブログ作成
検索選択

耳鳴りの話し パート2 [難聴]

前回、紹介した耳鳴りについての記事の続きですが、
耳掃除が原因で耳鳴りになる事もあります。

耳垢は、外耳道表皮の角化脱落細胞で、
空気中の埃などと、耳垢腺からの分泌物が混じりあった物です。

その耳垢が原因で外耳道が塞がれてしまうと、

耳垢栓塞になり、難聴や耳鳴りが発生します。

耳掃除で、無理に耳垢が押し込まれて、
耳の奥の法に詰まってしまわない為にも、

耳鼻科で、耳垢を除去してもらうという解消法があります。

▽マッサージ情報▽
東京都中央区の出張・店舗型マッサージ店検索サイト
セラピストの求人情報 和歌山県版
nice!(0) 
共通テーマ:健康

耳鳴りの種類 [難聴]

耳鳴りには様々な種類があり、それによって原因や症状が違ってきます。

たとえば「シーン」とした周りに音がない時に感じるもの。
これはいわゆる普通の無音状態であり、聴覚が自然と感じるものなので異常はありません。

ほかには耳鳴りで代表的な何らかの病による耳鳴り。
これは「キーン」といったいかにも耳鳴りとわかりやすいもので、
主に大きな騒音のある環境から逃れた後や、ストレスや風邪、その他重大な病気などから
起きるものが、この耳鳴りといわれています。

そのほか、本人だけでなく周りの人にも音が聴こえる耳鳴りもあり、
これは筋肉や骨などの障害による場合があります。

このように耳鳴りには様々な種類がありますので、
まずは専門医に相談することが大切です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

難聴の原因 [難聴]

難聴の原因は、大きく3つあるとされています。

1つ目は、伝音性難聴で、外耳や中耳、
つまり耳のわりと外側、耳の鼓膜から
奥の部分に障害があることで難聴に陥るケースです。

鼓膜が破れて音が聞こえなくなるケースは、
この伝音性難聴に当てはまります。

2つ目は、感音性難聴です。

このケースは、内耳にある音の振動を感じている
感覚細胞が衰えることによって音が聞こえにくくなる難聴です。

神経細胞の障害による難聴も、この感音性難聴に当てはまります。

3つ目は、混合難聴です。

このケースは、前述の伝音性難聴と感音性、
二つの症状が同時に併発している状況になります。

▼健康促進にも効果的なマッサージをしてくれる店
出張マッサージを堺 北区で利用しよう

▼様々なマッサージの情報があるサイト
マッサージの専門学校を長野でも探せます
nice!(0) 
共通テーマ:健康

幼児期の難聴とは [難聴]

乳幼児であると、当然ながら、難聴であることを自分から親などに訴えることは難しいです。
その為に、子供の行動から親が難聴ではないかと気付くことが大切になってきます。
例えば、乳幼児期で、手をたたいても反応しない、音に対しても首をかしげるような反応しかしないといったことを繰り返すのであれば、難聴の疑いがあるかもしれません。
幼児期ではTVのボリュームを大きくしたり、名前を呼んでも返事しないといった行動を繰り返すといったケースで難聴の疑いがあります。

乳幼児の難聴の原因ではないかと考えられる病気は、先天性風疹症候群、滲出性中耳炎などです。
母親が妊娠約4ヶ月以内に風疹にかかったときなどに、新生児に聴力障害、知能障害、白内障、心臓の異常などを引き起こす先天性風疹症候群となるケースがあります。
滲出性中耳炎による難聴は幼児期にかかることが多くみられます。
急性中耳炎からの移行や感染菌に対するアレルギー、アデノイドによる耳管機能の障害などが原因となって引き起こります。
特に風邪の後に発症することが多いようです。
タグ:難聴
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。