So-net無料ブログ作成
耳の痛み ブログトップ

耳の痛みとは [耳の痛み]

耳の痛みを感じたときは、風邪の有無、耳を押した時の痛み、耳の痛み以外の症状、聴力の異常など、どのような状況で耳の痛みを感じるのかを、確認することが大切になります。

風邪を引いたとき、または風邪を引いたあとなどに耳の痛みを感じるときは、急性中耳炎を引き起こしている可能性があります。
急性中耳炎では、刺すような激痛が耳の奥で走り、痒み、耳鳴り、耳の閉塞感を引き起こします。
症状が進行していくと難聴になってしまうことがあり、髄膜炎を合併する危険性もあります。

プールに入った後に耳が痛むときは、外耳道炎の可能性が考えられます。
外耳道炎では耳たぶを下に引っ張ったり、前に引っ張ると痛みを感じるのが特徴です。
通常、聴力には影響を及ぼさないのですが、症状が酷くなると軽い難聴になることがあります。

耳の痛みと聞こえにくい症状をともなうのなら、急性中耳炎と外耳道炎の可能性が考えられます。
急性中耳炎や外耳道炎では進行すると、皮膚の腫れ、耳だれなどを引き起こすので、聞こえにくくなることがあります。

耳の痛みが時々繰り返し、軽い難聴をともなうときには、滲出性中耳炎の可能性が考えられます。
滲出性中耳炎のときは、中耳粘膜の分泌物で鼓膜の働きが障害されて耳が聞こえにくくなり、耳の痛みをともなってきます。

耳だれを伴う耳の痛みなら、慢性中耳炎の可能性が考えられます。
慢性中耳炎では、慢性的な耳の痛み、軽い難聴、耳だれなどの症状がみられます。

そのほかに耳の痛みから考えられる病気には、外傷性鼓膜穿孔、うつ病、ヘルペス、三叉神経痛などがあります。

外傷性鼓膜穿孔とは、鼓膜が破れることで、原因としては耳かきによるものが多いです。
外傷性鼓膜穿孔では耳の痛み、耳出血、難聴などの症状がみられます。

耳の痛みがあるのに検査しても異常がないような場合は、うつ病の可能性があります。
うつ病は気分が沈んで憂鬱な状態になる病気です。
身体的な症状には不眠、過眠、食欲不振、過食、性欲低下などがあります。

ヘルペス(耳性帯状疱疹)では耳の痛みがしつこく続きます。
ヘルペスとは、一般的に疱疹、つまり水ぶくれのことで、病気が発症する身体の部位によって様々な名前が付けられます。

三叉神経痛は顔面の感覚神経である三叉神経の神経痛で、耳から頭にかけて痛みが走ります。
タグ:耳の痛み
nice!(0) 
共通テーマ:健康
耳の痛み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。