So-net無料ブログ作成
検索選択
飛蚊症 ブログトップ

飛蚊症とは [飛蚊症]

飛蚊症とは目の硝子体の濁りによって、目の前に小さな黒いゴミのようなものが飛んでいるように見えるような症状のことをいいます。

目の硝子体が濁る原因のひとつとして、目の老化現象が考えられますが、このような場合の飛蚊症は特に心配はいりません。
なお、目の老化による飛蚊症(生理的飛蚊症)は、十代や二十代の人でも起こることがあります。

目の老化現象以外による飛蚊症では、網膜剥離や出血が考えられます。

飛蚊症で見られる小さな黒いゴミのようなものが突然増えたときや見えにくくなったときは網膜剥離や出血している可能性があります。
すぐさま、眼科で診てもらう必要があります。

また、飛蚊症は一度起きると治らないといわれています。
しかし老化による飛蚊症では、網膜剥離や出血などによる飛蚊症と違って、生理的なものなので心配いりません。
タグ:飛蚊症
nice!(0) 
共通テーマ:健康
飛蚊症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。