So-net無料ブログ作成
中心性網膜炎 ブログトップ

中心性網膜炎とは [中心性網膜炎]

物が小さく見えたり、歪んで見えるときに考えられる病気だと、中心性網膜炎が可能性のひとつとして考えられます。

中心性網膜炎とは中心性漿液性脈絡網膜症とも呼ばれますが、目の奥の網膜の中心部である黄斑に水がたまることで、視野異常を引き起こす病気です。
主に30代から40代の男性に多く、片目に発症することが大半です。

中心性網膜炎を引き起こす原因はハッキリとはわかっていませんが、ストレスや過労などが原因のひとつとして考えられています。

中心性網膜炎の症状としては、中心暗点、中心部の色がおかしい、小視症、変視症などがあります。

中心暗点とは視野の中心が暗くなる症状で、小視症とは物が小さく遠くに見える症状です。
変視症とはものが歪んで見える症状のことです。

以上のような症状が片目だけに起こります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
中心性網膜炎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。