So-net無料ブログ作成
夜盲症 ブログトップ

夜盲症とは [夜盲症]

暗いところで、とりわけ見えにくいという症状は、昔では夜盲症であることが多かったのですが、今ではほとんど見かけなくなりました。
夜盲症は、ビタミンAが不足することで起こる病気なのですが、今では先天性の夜盲症であることが多くなっています。

暗いところでとりわけ見えにくい場合に考えられる病気には、夜盲症、網膜色素変性症などがあります。

夜盲症は、先にも述べたとおり、体内のビタミンAの不足が原因で起こる病気です。
暗闇で見えにくくなるという症状があらわれます。

網膜色素変性症とは、名前は違いますが、先天性の夜盲症のことになります。
現在では、夜盲症よりこちらの方が多いといわれています。
網膜色素変性症では、症状進行することがありますので注意が必要です。
タグ:夜盲症
nice!(0) 
共通テーマ:健康
夜盲症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。