So-net無料ブログ作成
検索選択
目の充血 ブログトップ

目のくまの原因 [目の充血]

目のくまは、疲労や睡眠不足、
そしてストレスが蓄積するなどの影響で、
目の下の脂肪が前に出てくることで起こります。

目の下の脂肪が毛細血管を圧迫すると、
血行が悪くなってしまうので血液中の酸素が欠乏して、
ヘモグロビンが暗赤色になり
皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんでしまうのです。

ヘモグロビンは、全身に酸素を
運んでいて、酸素と結合したヘモグロビンは、
鮮やかな赤い色をしています。

しかし、酸素を供給すると酸素が離れて、
還元ヘモグロビンと呼ばれる、暗黒い色になるのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

目の充血の予防 [目の充血]

目の充血を予防するには、
定期的に目を休める必要があります。。

細かい作業で目を酷使している時は、
時々遠くを見たりして、目の緊張を和らげましょう。

蒸しタオルを使って、目のまわりを
暖め血行をよくする方法も効果的です。

目の充血というのは症状でなので、
病気そのものではありませんが、
自己防御反応の一つの現れです。

あまりに充血が、ひどい時は、
ゆっくり睡眠をとるなどして、
目を休めることが大切になります。

◆健康に役立つマッサージ◆
最高のマッサージを京橋にお届け
新宿で出張マッサージを楽しむならココ

nice!(0) 
共通テーマ:健康

目の充血や目やにができるとき [目の充血]

目の充血や目やにができるときに考えられる原因は、結膜炎であることが多いです。

結膜炎には流行性結膜炎、春季カタル、アレルギー性結膜炎などがあり、アレルギー性結膜炎では目の痒みをともなうことが多いです。
流行性結膜炎ではウイルス感染による結膜炎で流行り目といわれるほど、感染しやすい病気です。
春季カタルは難治性の結膜炎で、とりわけ痒みが強くなります。

その他、目の充血と目やにから考えられる病気としては、角膜ヘルペス、新生児膿漏眼、鼻涙管閉塞症、涙膿炎、さかさまつ毛などがあります。

角膜ヘルペスはウイルスによるもので、目の充血や目やにに加えて激痛をともないます。
新生児の充血のケースだと新生児涙嚢炎、鼻涙管閉塞症の可能性も考えられます。
涙膿炎では涙っぽい目になり、白っぽいウミが見られるのが特徴です。
さかさまつ毛であるとまつ毛が眼に入りますので、充血や目やにが起こりやすくなります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
目の充血 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。