So-net無料ブログ作成
目の痛み ブログトップ

目の痛みとは [目の痛み]

目の痛みについてですが、目が痛むと言っても、痛みの種類も様々です。
目の痛みにともなって、視力の低下や眩しさで目が開けられない症状、視野が欠けるなどの症状がみられた場合はすぐに眼科に行く必要があります。

目にごみが入って痛む、コンタクトがズレて痛むというようなこともありますが、目が痛む症状がみられる目の病気について紹介しましょう。

目の痛みから考えられる病気には、ものもらい、角膜炎、緑内障、屈折異常、強膜炎、ぶどう膜炎などがあります。
これらの目の病気に関して、目の痛み以外にみられる症状を以下のとおりです。

ものもらいは、まぶたが赤く腫れるなどします。
角膜炎は、目の中の異物感やまぶしく感じたり、視力低下などがみられます。
強膜炎は、白目が赤くなったり、目の周囲の圧痛などです。
緑内障は、視力低下、視野が欠ける、頭痛、吐き気などになります。
ぶどう膜炎は、まぶしく感じたり、目の前にごみのようなものがチカチカしたりします。
屈折異常は、徐々に痛みがあらわれて痛みが継続し、頭痛、肩こりなどもみられます。

[PR]
豊島区 マッサージ
出張マッサージ 東京
タグ:目の痛み
nice!(0) 
共通テーマ:健康
目の痛み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。