So-net無料ブログ作成
検索選択
冷えとほてり ブログトップ

冷えとほてり [冷えとほてり]

全身の冷えやほてりというのは、ある意味身近で、怖い体験や恥ずかしい思いをした時などに体験していると思います。
しかし、そう言った一時性のものではなく、慢性的に起こる場合は、やはり病院でしっかりと医師に診てもらった方が良いですね。

・全身が冷える場合

甲状腺機能低下症、レイノー病などが考えられます。
甲状腺機能低下症では全身の冷えのほかにも、倦怠感や抜け毛、注意散漫になるなどの症状があります。
レイノー病では、皮膚血管が一時的に収縮します。
その為に、冷やした後に数十分たっても冷えがおさまらず、血の気がないといった状態になります。
そのほか、血管が詰まって血行が悪くなっている可能性もあります。

・全身のほてりがある場合

甲状腺機能亢進症、高血圧、動脈硬化などが考えられます。
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)では女性が多く、全身のほてりや汗かき、手のふるえなどの症状が出ます。
高血圧や動脈硬化では、ほてりがつづいて熱があることがあります。

・冷えとほてり両方がある場合

冷えとほてりが同時にある場合というと、例えば手足や背中が冷たく感じるのに、顔や胸の上部はほてっているといった状態です。
このような場合は冷え性が考えられますが、その背景に食生活の乱れ、低血圧症、貧血などが存在する可能性があります。
タグ:冷え ほてり
nice!(0) 
共通テーマ:健康
冷えとほてり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。