So-net無料ブログ作成
検索選択
倦怠感 ブログトップ

倦怠感 [倦怠感]

身体のだるさ、倦怠感は本来なら、ゆっくり身体を休めたり身体を動かして気分転換などを行うと回復します
しかし、いつまでたっても治らず持続する場合は、何らかの病気が背景にある可能性を考える必要があります。

倦怠感をともなう病気としては、風邪、貧血症、膀胱炎、肝臓や胆嚢の病気、膠原病、腎臓病、気管支拡張症、糖尿病、うつ病、心身症、低血圧症、起立性調節障害など各種存在します。

また、倦怠感にあわせて見られる症状での病気も考えてみましょう。

・黄疸
肝炎、肝硬変といった肝臓の病気や胆石症などの胆嚢の病気が考えられます。

・発熱
風邪、インフルエンザ、肺結核、関節リウマチ、白血病の可能性もあります。

・顔のむくみ、握りこぶしを作ったときの違和感
腎臓、心臓、甲状腺に関する病気が考えられます。
このような病気には腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、心不全、ビタミンB1欠乏症などがあります。

・めまい
顔色が悪くて青白い場合は貧血症の疑いがあります。
そのほか、更年期障害などの可能性があります。

・体重の増減
急激な減少が見られる場合は糖尿病や悪性リンパ腫の可能性があります。
逆に増加が見られる場合はクッシング症候群の可能性があります。

・不眠、意欲低下
バセドウ病、アジソン病などの内分泌系の病気のほかに、うつ病、全般性不安障害、心身症などの精神疾患の可能性があります。
タグ:倦怠感
nice!(0) 
共通テーマ:健康
倦怠感 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。