So-net無料ブログ作成
検索選択

胸痛とは [胸痛]

激しく胸が痛む場合は早めに医師に診てもらう必要があります。
胸痛の種類は、片側の胸が痛む場合と胸の真ん中辺りが痛む場合の2種類に分けられます。

胸の一部分だけが痛む場合は、まず肋骨骨折している場合が考えられます。
外部からの衝撃を受けた後などに胸の痛みが起きるとわかりやすいですが、実は咳を激しくした時にも骨折することがあるのです。
数秒間だけの胸痛を感じる場合は肋間神経痛や帯状疱疹などの可能性があります。
息苦しさを感じる胸痛には肺塞栓症、静脈血栓症などがあります。
もしも胸が痛む部分を下にして横になると症状が楽になる場合は自然気胸が考えられます。
胸の痛みだけでなく、発熱を伴う場合は急性胸膜炎の疑いがあります。

胸の真ん中辺りが痛い場合は、狭心症、心筋梗塞、急性心膜炎、解離性大動脈瘤、食道炎などが考えられます。
狭心症では胸痛発作が15分以内ですが、心筋梗塞では15分以上続きます。
急性心膜炎では発熱を伴い、深く呼吸すると痛みが強まります。
解離性大動脈瘤では痛みが胸の他に背中や頸部、上肢などにも広がる場合が多くあります。
タグ:胸痛
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。