So-net無料ブログ作成
吐血と喀血 ブログトップ

吐血と喀血とは [吐血と喀血]

吐血と喀血はどちらも血を吐くことですが、吐血は消化管からの出血で、喀血は咳き込んだ際の呼吸器からの出血であることを意味します。
吐血や喀血を引き起こしてしまったら、血液が鼻、気道、食道に入らないように気をつけて安静にします。

どちらも出血が大量で精神的な影響を受けると、ショック症状を起こす危険性がありますので、その点でも注意が必要です。

吐血を引き起こす病気には、胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤破裂、胃炎、マロリー・ワイス症候群などがあります。

喀血を引き起こす病気と言えば肺結核が代表的ですが、近年では肺癌や気管支拡張症による喀血が多くなってきています。
その他喀血を引き起こす病気には、肺塞栓症やうっ血性心不全などがあります。

血液が胃の中に一定時間たまっている状態の吐血は、胃液が混じっているために暗い赤色となります。
吐血の色が鮮紅色の場合は、食道から出血した可能性が高くなります。

喀血の状態は少量のものから1リットル以上もの喀血が見られる場合があり、特に量が多い場合は呼吸困難に陥る危険性もあります。
タグ:吐血 喀血
nice!(0) 
共通テーマ:健康
吐血と喀血 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。