So-net無料ブログ作成

心筋梗塞とは その3 [心筋梗塞]

高血圧や糖尿病になってしまうと、血管壁が傷ついてしまうため、動脈硬化が引き起こされやすくなるのです。

マッサージは渋谷区で!

生活習慣や食習慣をまずは見直してみましょう。
肥満を予防し、規則正しい生活を送ることがとても大切なことです

規則正しい食習慣をすると、肥満予防にもなりますが、食事を抜いてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまったり、身体がエネルギーを活動に必要な分だけ蓄積しようとしてしまうので、太りやすい身体になってしまうのです。

PR:マッサージ 静岡

塩分を過剰に摂取してしまうと、高血圧を招く結果となり、コレステロールが多い卵や肉などの食生活は動脈硬化を招くことになります。
塩分の摂取量を控えるとともに、コレステロールの吸収を妨げ、蓄積を防いでくれる海藻類や野菜などの繊維質が多い食品を食べるようにしましょう。
また、適度な運動にも、血圧が低下する、高脂血症や動脈硬化を予防する、ストレスを解消させるといった効果があります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

心筋梗塞とは その2 [心筋梗塞]

心筋梗塞の主な原因となっているものは動脈硬化となります。
動脈硬化とは、年齢が高くなることで起こりやすくなっていますが、運動不足や偏っている食生活などが続いてしまうと、血管内にアテロームという物質が沈着しやすくなってしまい、血管の内腔を狭まり、動脈硬化を促進する結果になります。
さらに動脈硬化が進行すると、アテロームを覆っている膜が破れてしまい、血液の成分がそこで固まって血栓ができてしまいます。
この血栓が大きくなって、心臓の血管を塞いでしまうと、心筋梗塞が起こるのです。

動脈硬化を進行させてしまう原因には、高血圧、高脂血症、糖尿病などの病気がありますが、運動不足や肥満、腎不全も原因となるといわれています。

また、喫煙やストレスなども、血圧を上昇させ、脈拍数を増加して、心臓に大きな負担をかけてしまいます。
精神的なストレスのみならず、過食や過飲、低気圧などの環境が変化によって感じるストレスも心筋梗塞の要因になる場合もあるとされています。

女性より男性の方がリスクは高いとされていて、加齢によってリスクとともに高くなるようです。
生まれながらにコレステロール値が高い人や、動脈硬化が進みやすい遺伝子をもっている人もいるといわれています。

タグ:心筋梗塞
nice!(0) 
共通テーマ:健康

心筋梗塞とは その1 [心筋梗塞]

心筋梗塞は心臓に重大な障害が生じるため、最悪の場合は命に関わる恐れがあります。
日本人の死亡原因として、癌に次いで2番目に高い心筋梗塞ですが、症状を見極めて早期の治療を行うことで、重大な危機を避けることができます。

新宿 出張マッサージといえば!

心筋梗塞の症状のなかで、最もわかりやすく、且つ最もつらいのが痛みです。
多くの人が、「これまでに経験したことの無い痛み」と表現するほどです。
痛みなどの症状は心臓のある箇所だけでなく、その周り広範囲に渡って現れることが多いです。

みぞおちの辺りから胸の中心、左胸の体全面に痛みが現れることが多く、
背中や喉、下顎、腹部、左肩や左上腕内側なども痛みを感じることがあり、「拡散痛」と呼ばれています。

話題の出張マッサージ 文京区
nice!(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病とは [糖尿病]

三大生活習慣病とは、死因の上位になっている重要な病気のことです。
その手前の段階でなりやすい生活習慣病が、高血圧や高脂血症、糖尿病などです。
これらはあまり自覚症状がないだけに、気がつかないうちに症状が進行してしまうこともあります。

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンというホルモンのはたらきが慢性的に不十分になる病気です。
インスリンは、血液中のブドウ糖をエネルギーとして利用する時に働くもので、これが不足すると血糖値が上がり、高血糖と呼ばれる状態になります。

糖尿病になる原因は遺伝的に受け継いでいる人も少なくありません。
また、暴飲暴食や動物性たんぱく質の摂り過ぎも影響しています。

糖尿病になるとやたらと喉が渇いたり、空腹感、体重の減少、目がかすむ、疲れやすいなどの症状があります。しかし、これらはかなり病気が進行してから出る症状で、初期段階では自覚症状はほとんどありません。

糖尿病は定期健診で発見されることも多く、40代に入ったら尿に糖が出ていないかどうかを調べる習慣を持つことが大切です。尿検査で尿糖値が陽性と出た場合は一度糖尿病の検査を受けましょう。

また、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害という三大合併症を起こす可能性もあります。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

幼児期の難聴とは [難聴]

乳幼児であると、当然ながら、難聴であることを自分から親などに訴えることは難しいです。
その為に、子供の行動から親が難聴ではないかと気付くことが大切になってきます。
例えば、乳幼児期で、手をたたいても反応しない、音に対しても首をかしげるような反応しかしないといったことを繰り返すのであれば、難聴の疑いがあるかもしれません。
幼児期ではTVのボリュームを大きくしたり、名前を呼んでも返事しないといった行動を繰り返すといったケースで難聴の疑いがあります。

乳幼児の難聴の原因ではないかと考えられる病気は、先天性風疹症候群、滲出性中耳炎などです。
母親が妊娠約4ヶ月以内に風疹にかかったときなどに、新生児に聴力障害、知能障害、白内障、心臓の異常などを引き起こす先天性風疹症候群となるケースがあります。
滲出性中耳炎による難聴は幼児期にかかることが多くみられます。
急性中耳炎からの移行や感染菌に対するアレルギー、アデノイドによる耳管機能の障害などが原因となって引き起こります。
特に風邪の後に発症することが多いようです。
タグ:難聴
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。