So-net無料ブログ作成
検索選択

耳の痛みとは [耳の痛み]

耳の痛みを感じたときは、風邪の有無、耳を押した時の痛み、耳の痛み以外の症状、聴力の異常など、どのような状況で耳の痛みを感じるのかを、確認することが大切になります。

風邪を引いたとき、または風邪を引いたあとなどに耳の痛みを感じるときは、急性中耳炎を引き起こしている可能性があります。
急性中耳炎では、刺すような激痛が耳の奥で走り、痒み、耳鳴り、耳の閉塞感を引き起こします。
症状が進行していくと難聴になってしまうことがあり、髄膜炎を合併する危険性もあります。

プールに入った後に耳が痛むときは、外耳道炎の可能性が考えられます。
外耳道炎では耳たぶを下に引っ張ったり、前に引っ張ると痛みを感じるのが特徴です。
通常、聴力には影響を及ぼさないのですが、症状が酷くなると軽い難聴になることがあります。

耳の痛みと聞こえにくい症状をともなうのなら、急性中耳炎と外耳道炎の可能性が考えられます。
急性中耳炎や外耳道炎では進行すると、皮膚の腫れ、耳だれなどを引き起こすので、聞こえにくくなることがあります。

耳の痛みが時々繰り返し、軽い難聴をともなうときには、滲出性中耳炎の可能性が考えられます。
滲出性中耳炎のときは、中耳粘膜の分泌物で鼓膜の働きが障害されて耳が聞こえにくくなり、耳の痛みをともなってきます。

耳だれを伴う耳の痛みなら、慢性中耳炎の可能性が考えられます。
慢性中耳炎では、慢性的な耳の痛み、軽い難聴、耳だれなどの症状がみられます。

そのほかに耳の痛みから考えられる病気には、外傷性鼓膜穿孔、うつ病、ヘルペス、三叉神経痛などがあります。

外傷性鼓膜穿孔とは、鼓膜が破れることで、原因としては耳かきによるものが多いです。
外傷性鼓膜穿孔では耳の痛み、耳出血、難聴などの症状がみられます。

耳の痛みがあるのに検査しても異常がないような場合は、うつ病の可能性があります。
うつ病は気分が沈んで憂鬱な状態になる病気です。
身体的な症状には不眠、過眠、食欲不振、過食、性欲低下などがあります。

ヘルペス(耳性帯状疱疹)では耳の痛みがしつこく続きます。
ヘルペスとは、一般的に疱疹、つまり水ぶくれのことで、病気が発症する身体の部位によって様々な名前が付けられます。

三叉神経痛は顔面の感覚神経である三叉神経の神経痛で、耳から頭にかけて痛みが走ります。
タグ:耳の痛み
nice!(0) 
共通テーマ:健康

色覚異常とは [色覚異常]

色の区別ができないケースだと、色覚異常の可能性があります。

色覚異常には先天性と後天性のものがあります。
後天性の色覚異常は、視神経や眼底の病気によって起こることがあります。
先天性の色覚異常は、遺伝によって起こります。

色覚異常は赤緑青の三種類の色を感じる視細胞の垂体の働きが弱いことが原因で起こります。

垂体の働きで、一種類の色を感じる力が弱いことを色弱と呼びます。
それがニ種類の色を感じる力が弱いのなら色盲と呼びます。

色覚異常でもいくつか種類があり、最も多いのが、赤と緑が見えにくいというものです。

色覚異常の検査は、平成14年度(2002年)までは学校の定期健康診断で行われていましたが、現在では行われていません。
色覚異常の検査では石原式色覚検査表やアノマロスコープなどを使用して色覚異常の診断を行います。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

飛蚊症とは [飛蚊症]

飛蚊症とは目の硝子体の濁りによって、目の前に小さな黒いゴミのようなものが飛んでいるように見えるような症状のことをいいます。

目の硝子体が濁る原因のひとつとして、目の老化現象が考えられますが、このような場合の飛蚊症は特に心配はいりません。
なお、目の老化による飛蚊症(生理的飛蚊症)は、十代や二十代の人でも起こることがあります。

目の老化現象以外による飛蚊症では、網膜剥離や出血が考えられます。

飛蚊症で見られる小さな黒いゴミのようなものが突然増えたときや見えにくくなったときは網膜剥離や出血している可能性があります。
すぐさま、眼科で診てもらう必要があります。

また、飛蚊症は一度起きると治らないといわれています。
しかし老化による飛蚊症では、網膜剥離や出血などによる飛蚊症と違って、生理的なものなので心配いりません。
タグ:飛蚊症
nice!(0) 
共通テーマ:健康

中心性網膜炎とは [中心性網膜炎]

物が小さく見えたり、歪んで見えるときに考えられる病気だと、中心性網膜炎が可能性のひとつとして考えられます。

中心性網膜炎とは中心性漿液性脈絡網膜症とも呼ばれますが、目の奥の網膜の中心部である黄斑に水がたまることで、視野異常を引き起こす病気です。
主に30代から40代の男性に多く、片目に発症することが大半です。

中心性網膜炎を引き起こす原因はハッキリとはわかっていませんが、ストレスや過労などが原因のひとつとして考えられています。

中心性網膜炎の症状としては、中心暗点、中心部の色がおかしい、小視症、変視症などがあります。

中心暗点とは視野の中心が暗くなる症状で、小視症とは物が小さく遠くに見える症状です。
変視症とはものが歪んで見える症状のことです。

以上のような症状が片目だけに起こります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

視野狭窄とは [視野狭窄]

視野狭窄とは、視野の一部分が見えなくなってしまう状態をいいます。
ほかにも、暗点と呼ばれることもあります。

そして、視野の中心に向かって見えなくなるケースを中心暗点と呼びます。

視野狭窄から考えられる病気は、緑内障、網膜剥離、中心性網膜炎、脳腫瘍などが考えられます。

慢性の緑内障だとすると、視野の中心に向かって見えにくくなる視野狭窄が見られることがあります。
主に、鼻側から視野が狭くなってきます。

網膜剥離だとすると、視野の外側や下側が見えない症状がよくみられます。
そして、目の前にチカチカと何かが飛ぶように見えてしまう症状もあらわれることがあります。

中心性網膜炎だとすると、視野の中央がよく見えないようになり、物が歪んで見えてしまう症状などがあらわれます。

脳腫瘍では、視野狭窄だけでなく頭痛やめまいなどをともなうことが多いです。
タグ:視野狭窄
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。