So-net無料ブログ作成
検索選択

薬としてのコーヒー [肝臓がん]

コーヒーには、薬としての効果があるものとされてきました。

ストレスの緩和をしてくれたり、
利尿作用で老廃物の排泄や
新陳代謝を向上させたりする効果等については
広く認知されています。

しかし、この他にも数十種類の薬理作用があるのです。

凄い飲み物ですね。

例えば、一日一杯以上のコーヒーを飲む人は、
飲まない人と比べて、肝臓ガンでの死亡率が
およそ半分になっているとの事です。

ガンにまで効果を発揮するコーヒーを
一日、一杯以上飲んでみてはいかがでしょうか?

◇お勧めのマッサージ情報◇
品川 出張マッサージ
阿蘇市 リンパマッサージ
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。